Webデザイナーの仕事

宇宙兄弟の隠れた名言

先日宇宙兄弟の目立たないけど好きなキャラについて書きました。

宇宙兄弟の好きなキャラランキングにいなさそうなあの人も好きですアニメ宇宙兄弟を何回も観ています。仕事や人生のモチベーション管理に欠かせません。おもしろいマンガでも生活で頻繁に思い出すことはないですが...

そういえば目立たないけど好きな名言もあったなと思って宇宙兄弟ネタ2本目です。といってもごく短いですが。

宇宙兄弟は名言が多すぎ、かつ全部がハイレベルです。
大好きすぎるのは「じゃんけんみたいなもんだ…」「俺の敵はだいたい俺です」「…どっちが楽しいかで決めなさい」「本気の失敗には価値がある」などなど。ただこの辺は宇宙兄弟ファンならみんな共通だろうしド定番でしょう。

なのであえてほとんど挙がらないだろうなっていうのを挙げてみようと思います。

閉鎖環境試験A班での福田さん

この課題なら時計が無くてもやることは変わらないよ

これ地味に、でも定期的に私の導きになっています。ウソつきがいると思い込んでいるやっさんには刺さりませんでしたが、私には刺さりました。

私は豆腐メンタルなので、つい心配事やマイナス要素があるとそこに気を取られて集中できません。そういう時に思い出すようにしています。

「今はこの仕事に集中しよう。あの件がダメになったとしても今やることは変わらない」

そんな風に自分に言い聞かせると迷いがなくなります。

「この課題なら」という、状況を冷静に捉えた点がいいです。

たとえば仕事中にプライベートとか全然関係ないことで心を乱しても仕方がない。または自分が担当している目の前の仕事と職場の人間関係。あるいはある件やある部署でミスが出たなど。

マイナスの影響が及んでいないはずのところにまで、自分のメンタル次第では弊害が出てしまう。「今やるべきことに本当に影響があるのか」と冷静に心を整理するきっかけにしています。

また自分が失ってきたものや自分に足りないもの、ついそういったところに目がいきがちなのを調整しています。自分よ、もう元には戻らないものにこだわるな、という感じです。

今やるべきこと、これからやれることに目を向ける、というのは宇宙兄弟全体のメッセージですが、この福田さんのセリフも身近な感じでそれを教えてくれる言葉です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。