Webデザイナーの仕事

Webデザイン未経験者が面接でされた質問と回答例

この記事は2019年以前他サイトに執筆したものを引越し掲載しています。

「Webデザイナーの面接っていったいどんなことを聞かれるんだろう?」

「よく考えたら志望動機って何を言えばいいのかな?……実は自分でも整理できてない……」

わかります。未経験だと不安ですよね。

 

この記事では35歳まで料理しかやったことなかった私が、Webデザイナー面接で質問されたこと(と答え)をご紹介します。書類応募は50社くらい、面接を7件(派遣含む)受けました。ほぼ全部Web制作会社です。

同じような試行錯誤をしている方の少しでもお役に立つ情報が提供できたら、と思っています。

※なお制作会社ばかりなので事業会社のWebデザイナーとはたぶん質問の傾向が違います。(事業会社受けてないのでたぶんですけど…)

■Webデザイナーの就職先は大きく分けて、制作会社と事業会社がある

制作会社のWebデザイナー…いろんな会社から注文を受けてひたすらサイト作って納品。管理や更新もやる。本当は納品した後のビジネス上の結果を出すのが大事なはずなんだけど…実際は作ってなんぼの商売。なので制作経験ははやく上がるし、いろいろな業界に関わることが多い。

事業会社のWebデザイナー…自社のサイト等を担当する。自社に関わるデザインのみなので、制作スキル自体は制作会社ほどは上げられない。でもとにかく結果が求められるので、マーケティングやSEOなどの経験値は上げられる。ホワイト企業にいきたいなら基本的にこちら。

まずは質問まとめ

短くはない記事なので、先にどんな質問が多かったかという結論から

  • なぜWebの中でもデザインなんですか?(なぜデザインの中でもWebなんですか?)
  • 3年後の目標は?どうなっていたいですか?
  • こんなサイトが作りたいというのがあれば挙げてください
  • これまでの仕事で難しいと感じたこと、それをWebデザイナーとしてどう生かせる?
  • 今のところデザイナーとコーダーならどっちよりだと思っているか、どちらをやっていきたいか?

このあたりはしっかりと答えられるように準備しておいた方がいいと思います。

その他聞かれたのは、Excelなどの経験、ネットワークやサーバー系の知識、やる気の確認的なことなど。

またポートフォリオの作品については時間と理由を聞かれることが多かったです。

それでは上記蛍光マーカーの部分を中心に、以下順に詳しく書きます。

志望動機やビジョンについての質問

やはり面接と言えばまず最初に来るのが志望動機です。最初にして最大の関門、悩みますよね。

私の場合こんなことを思ってました。

  • 年齢を重ねて異業種から転職。どう言えば伝わるのだろう
  • 「デザイナー」という響きからして、何か特別な理由が必要そうな気がする
  • 絵を描いてきたわけでもないし、Webも詳しくない…アピールできない…

今考えるとデザインという仕事がまるでわかっていなかったのだなと思いますが…

それはさておき振り返ってみると、実は最初の志望動機を答えた後に本当の質問がはじまることが多かった気がします。動機を探るような質問がけっこうたくさん飛んでくることが多かったです。

探るっていうのは、「ほんとにやり続けたいの?」「入った後何年もかけて地道にやっていくんだよ?わかってるの?」って感じです。まあ実際にはもうちょっと柔らかく聞かれますが。

けっきょく上記のような迷いを本心に持った状態で志望動機を述べるからやはりツッコミの質問を受けやすくなっていたのかもしれません。

ですので面接官に「入社後のイメージも目標も大丈夫です!」ということが伝わるように考えるとよいかもです。

ツッコミの質問としては以下がよくあるパターンなので、しっかり答えられるように準備しましょう。

なぜWebの中でもデザインなんですか?

ディレクターとかエンジニアとかもある中で、なぜデザインという領域を選んだのかです。

私の場合は「Webにもともと興味があり…」という志望動機だったので、「Webの中でもなぜデザイン?」という二の矢がきました。

もし「デザインや絵が好きで…」という志望動機なら、逆パターンで話が進むかもしれません。そういう人はまず「なんでデザインの中でもWebなの?」という質問に明確に答えられるようにしましょう。

ちなみに私はこんな感じで答えていました。

「私はこれまでずっと料理というモノづくりにやりがいを感じてきました。料理は食のサービスの中ではお客様の口に入る前の最後の仕事です。(料理の前に農家や加工業者などたくさんの人がいるので。)一番近くで直接反応を見られるからこそ、小さな工夫を重ねることの大切さを感じてきました。Webの中でも特にデザインをやりたいと思った理由も同じです。ユーザーに一番近い距離で、工夫を積み上げられる仕事をしたいと思っています。」

別バーション。

「今までやってきた料理とWebデザインに同じやりがいを感じられそうだと思ったからです。最高の食材でも料理の組みあわせ次第では真価を発揮できないことがあるように、いいコンテンツでもデザインでダメになってしまうことがあります。逆に普通の食材でも料理の工夫次第で化けることもあるように、Webの世界でも見せ方次第でより素晴らしくもできます。効果を最大にできる、結果が出せるデザイナーを目指します。」

こじつけっぽいですけど、いや実際こじつけなんですけどそれっぽくしようと必死でした笑。上記例は①お客さん目線と結果重視②職種が変わっても経験を活かす、という内容にしてみました。

3年後の目標は?どうなっていたいですか?

これは入社後の長期ビジョンをもっているか、キャリアを描けているかの確認ですね。「正直まだやったことないのでそんな先のことわかりません」って思っていました。

でも面接官もそれはわかった上で聞いています。なので方向性はともかく上を目指していることを伝えていました。

「まだ現場を一度も経験していないのでどの方向に進んでいきたいのか、正直わかりません。ですが、3年後にはデザインのリーダーあるいはディレクターとしてチームをまとめられるようになることを目標にしています。(またはプログラミングに強いコーダーのスペシャリストになります。)」

社内で他をひっぱるリーダーになる、もしくは技術を極めてスペシャリストになる、のいずれか(または両方)をはっきり伝えるようにしていました。

ちなみに2か所でこのビジョン系の質問を受けましたが、いずれも「3年後」でした。

さらにつっこまれて、個人としての制作スキル等は除いて企業内でのポジション・キャリアプランを答えてほしい…というパターンもありました。

ちなみに面接の定番質問と言えば、「弊社を特に希望した理由は?」ですよね。でも制作会社の面接では、これは聞かれないパターンが多かったです。事業会社なら絶対聞かれそうですけどね…一応参考までに。

デザインへの関心、目標

こんなサイトが作りたいというのがあれば挙げてください

その場でPC等で実際にWebページを示して答える質問です。これは結構聞かれるので準備しておいた方がいいかもしれません。

単純に「このサイトがデザイン的に好きです」とかだったらその場で答えられます。ですが、面接官は個人のセンスとか好みには興味ありません、たぶん。

どうしてこれを作りたいと思うのか、自分の目標やビジョンと結びつけて答えるのがいいと思います。私の場合は、料理をやってきたのである包丁メーカー(販売店)のサイトを挙げました。

理由はこんな感じにしていました。

高い専門性を持ちながら主婦の目線でコンテンツが作られている。ブランドとしての高級感がありながら敷居の高さは感じさせないデザイン性がある。他のメーカーのサイトでこうした両立ができているところはなく、業界の中でも突出している。自分もデザイナーとして消費者との架け橋になれるような仕事、結果を出せる仕事がしたいと思っている。

その他今後の成長をはかられるような以下の質問が多かったです。

  • これまでの仕事で難しいと感じたこと、それをWebデザイナーとしてどう生かせる?
  • 今のところデザイナーとコーダーならどっちよりだと思っているか、どちらをやっていきたいか?

 

その他制作会社でよくある質問

やる気の再確認

残念ながら…ですが、確認のような形で以下よく聞かれます。

  • 客先常駐に抵抗はないか?
  • 繁忙期の残業に抵抗はないか?

もうこれは本音はダメでも「はい!」って言うしかないやつですね…未経験者に選択の余地はない…

どうしても嫌なら制作会社ではなく事業会社がいいと思います。

制作会社だとサーバーやネットワーク知識も重視

面接前はデザイン以外だとExcelなどofficeソフトのスキルがよく聞かれそうだと思っていました。

まあそれも実際よく聞かれるんですが、意外と制作会社の面接官が重視するのがサーバー関係でした。

質問はこんな感じです。

  • 作品はどうやってアップロードしたのか?FTPソフトの使用は大丈夫か?
  • 自宅のネットワーク環境はどうなっている?
  • 学校のデザインの授業以外でやったことは?

最初なんでこんなこと聞くんだろうと思っていたのですが、サーバーやネットワークの知識などを確認しているのかもしれないと感じました。

私の場合は、レンタルサーバーを借りてWordPressのテーマ作りにチャレンジしていることなどを話すと、ローカルの開発環境はどう構築しているかやサーバー関連の知識はどうなのかなど詳しく聞かれたりしました。

実際学校卒業した後にぜんぜんわからないところからチマチマとやっていただけなんですが、かなり突っ込んでいろいろ聞いてきてくれた会社もあります。

実際入社後に気づいた点として制作会社ではサーバーやネットワーク環境、データベースなどは避けて通れない分野です。特に既存サイトの更新やメンテナンスが多い会社だと、サーバー側の問題とかも含めて対応を考えることもあるので必須です。

でもWebの中でもデザイナー目指す人ってその辺苦手な人多いと思います。私もとても苦手で会社ではいつも詳しい人に助けてもらっています……。

ですのでネットワーク・サーバーなども勉強しています…努力してます、というのが少し伝わるだけでもグンと評価は上がります、おそらく。

ちょっとかじるだけでも他の応募者と大きく差がつけられるかも、コスパは悪くないと思います。

作品についてよく聞かれたのは時間

ポートフォリオのサイト作品についての質問は以下が多かったです。

  • このサイトはどのくらいの時間で作ったか
  • このサイトはどういう理由で作ったのか(授業なのか、テーマは決まっていたのか、など)
  • どの部分を作ったのか(このイラストは?文章は?など)

この中でも特に制作時間を聞かれることが多かったです。面接官が主に聞きたいのは制作スピードのようです。あるいは時間やスピードの意識を持っているかといった方が正確かも。ポートフォリオに制作時間を書いておいても、どこの作業にどれくらいの時間を使ったのかとかけっこう突っ込まれたりします。

実際制作現場で求められるのもスケジュールや納期を守れるスピードです(また制作現場では「工数」といって必要時間数をもとに見積もりを出します)。

なおHPなどのほうが質問されることが多く、バナーなどは作品を見るだけであまり質問はされないことが多かったです。

すごく時間がかかってしまった、という場合どうするか

後から思ったことですが時間がかかった部分と理由を説明するとよい気もします。例えば「この部分は学習の応用のためにはじめての機能を試してみた」「他のパターンも試作したので2倍かかった」など。こうすれば単に時間かかりすぎ…ではなく学習意欲と向上心の現れみたいになるかも?しれません。また単に「〇〇時間です」などと答えるよりも自然に会話を広げやすいかもしれません。

逆質問タイムの使い方

「何か質問はありますか?」の時に私は企業への質問ではなく、以下のようなことを聞いていました。

  • ツールとしては何を使える人が欲しいのか?
  • 一番市場価値が高いと思うのはどんな人材か?
  • 未経験者にスキル面で求めることは何か?

もしかしたら「こいつはうちで長く働く気があるのだろうか?」と思われてたかもしれません。笑

実際「次に(他の応募先で)面接を受けるまでに何を勉強すればいいのか聞いておこう」という意図がありました。正直落ちるのが当たり前だと思って面接を受けていたのもあって、ただでは帰りたくないと思って質問していました。

でもこれが意外にも高評価?になり「熱意と真剣さが伝わってきましたので」という理由で最終面接に進んだところもあります。おすすめはしませんが、結果的にうまくいったこともあったので一応紹介しました。でも評価を上げようみたいな魂胆だと絶対ダメだと思います。

私のように「未経験者はどうすれば採用ラインに乗るのかほんとにどうか教えてくれ!」という人なら、聞いてもたぶんマイナスにはならないのでやってみてください。

学校の先生やエージェントもいろいろアドバイスをくれると思いますが、やはり制作現場の人の話を生で聞けるのは一番貴重だからです。

ちなみに上記「未経験でもどんな人材なら欲しいか?」などの答え要旨は以下です。複数社でだいたい共通していました。特にWordPressはキーワードとしてよく上りました。

  • WordPressができる人(案件自体もWPが多いしWP開発ができるということはPHPもできるということなので)
  • コーディング力(最初にやる仕事は修正・更新・作られたデザインを具現化することなので)

そして今の会社の面接では、上記の答えをもとに学習したことを話し採用していただけました。

合格できる案件に接触しよう!

個人的な体験記事でしたがここまで読んでくださった方ありがとうございます。反面教師でもなんでも何か参考になればうれしいです。

 

最後に補足ですが重要なこと。実は面接ってその前にある程度勝負が決まっていることも多いです。どんなに面接内容がベストでも会社と合わなければ落ちる。よく戦いや会議で始まる前に勝負がついていると言われるのと一緒で、ベストを尽くしても勝てない勝負ばかりでは×です。

「受かりやすい案件」に応募しているか、発見できているかです。でもそれって未経験の自分ではよくわからないです。そこで転職エージェントを活用することをおすすめします。私も活用しました。

自分で手当たり次第に探した求人ではなく転職のプロがその人ごとにあった案件を紹介してくれますし、面接の受け答えや書類のサポートなども希望すれば受けられます。