Webデザイナーの仕事

Webデザイナーの選考では、顧客目線をアピールしよう!

この記事は2019年以前他サイトに執筆したものを引越し掲載しています。

Webデザイナーになる上で、一番大事なのはなんでしょう?知識と技術?センスや個性?はたまた根性?

もちろんそれらも大事です。

でもきっと一番重要なのは、顧客目線がどれだけあるか?ではないかと思う今日この頃。デザインとはお客さんの目的達成を助けるためにあるので、ここを見失ったらどれだけおしゃれでかっこよくても意味がないですし。

採用された理由を最近確認して意外だった

私は35歳でWebデザイナーになりましたが、最近までなぜ今の会社に正社員で採用されたんだろう?って思っていました。

自分でスキルアップはそれなりに努力したつもりでしたが、もっと吸収力が高そうな若者はたくさんいるだろうし…

で、最近機会があったので社長に聞いてみると、「お客さん目線でやれそうだと思ったから」という答えをもらいました。

 

正直予想外の答えでとても意外でした。顧客目線って大事だと思うけど、実際には一番苦手な部分だと思っていたから。

でもちょうど入社3か月くらいたっていて、おぼろげながら今私が感じている一番大事なことと一致していたので妙に納得してしまいました。またそこを買ってもらえて採用されたということがうれしかったです。

お客さん目線をどうアピールしたかを後から分析してみた

正直なところ、お客さん目線を重視してます的なアピールしたつもりは全くありませんでした。アピールしたのは、能力はないけど努力する姿勢なら負けないです的なことでした。

なので社長はどういう部分でお客さん目線を感じたのかを聞いてみると「今までの仕事(料理)をお客さん目線でやってきたことが伝わった。だからWebデザインでもやれると思った。」ということでした。

技術はいずれつくので、むしろその点を重要視している、と。

 

で、後から考えてみると確かにそういう内容になっていました、志望動機やポートフォリオに書いたことやその他話した内容が。

というわけで、後付け・結果的にですが私が顧客目線をアピった方法を以下。

「志望動機」でお客さん目線

志望動機、Webデザインを選んだ理由については今までの仕事(料理)と結びつけて話すようにしていました。

詳しくは、「Webデザイン未経験者が面接でされた質問と回答例」の記事で。https://design.houtyou.com/designer-work/job-interview/

述べた概要はこんな感じです。

今までやってきた料理は、食という一連のサービスの中で最もお客さんに近い仕事(農業・漁業などから始まって人様の口に入ると考えた場合)。反応を直に見て工夫することにやりがいを感じてきた。デザインもWebサービスの中で同じような位置。個々のクライアントやユーザーを喜ばせる工夫をしたいから選んだ。

正直こじつけですが…顧客を中心に仕事を捉えているというふうに伝わったのかもしれません。またWebの中でもなぜデザイン制作を選んだか、なぜ制作会社なのかっていう理由も説明できたかなと思います。

子どものころからずっとデザインや絵を描くのが好きで…みたいな志望動機はたくさんいるっていうのは講師や面接官から幾度も聞いてきました。

どんな仕事でも、自分のことじゃなくて対価を払ってくれる人のためにどういう姿勢で取り組んでいきたいか、という点が大事なのかもしれません。

「ポートフォリオ」でお客さん目線

私のポートフォリオは作品のクオリティは低くて、特に目を引く部分はなかったと思います。正直訓練校のクラス内でも屈指の下手さだったと自分で思っています。

ただポートフォリオは大部分がクライアントワークになっていました。(少なくみても7割以上。)

クライアントワークで受注したことなどは、だいぶ食いついて聞いてもらえましたし、社長から見てよかったようです。

このように練習や学習でもお客さんありきでやっていたのはよかったと思っています。

「今後の目標」でお客さん目線

今後の目標は、志望動機やポートフォリオなどを通じて2つ挙げていました。

1つは、結果を出せるデザインができるようになること(売上増加とか)。

もう1つは、積極的な提案や楽しませるようなデザインができるようになること。

 

これもよく考えたらクライアント、顧客目線になってました。

まあ広い意味で言えば何を言っても顧客の為にはなるのだけれど、ただ例えば「プログラミングもできるデザイナーになりたい」とか「かっこいいデザインができるようになりたい」って言うとどこか自己実現的な感じもしてしまうし、手段と目的がごっちゃになっている感じもあります。

そういえば今回話した時に社長はこんなことを言っていました。「デザインって時間をかければいくらでも作り込めてしまうんだよね…(その先は言わなくてもわかるよね)」経営者の視点を感じました。

ポートフォリオで差をつけるとはどういうこと?

ポートフォリオは自分をアピールする道具。だからこそついつい直接的に「自分を見て!」という方向にいってしまう…これが落とし穴かも…と、この記事を書きながら思いました。

今までセンスの良さや個性みたいな部分で差を付けようとするのはなんか違う…とは思っていたものの、じゃあどうやって差別化するの?っていう部分はいまいち見えてませんでした。

でもお客さんのために、あるいはユーザーの視点で、こんな工夫を考えました。こんな目線で設計しました。この視点が重要なのかもしれません。作品自体ではなく、お客さんにどうプラスになるのか、その表現で差をつける。軸にする。

後付けでもいいと思います。特に見せたい部分や工夫した点があれば、お客さん目線で徹底的に考えました、的な感じに持っていく。

仮にその工夫が間違っていても未熟でも、顧客目線・ビジネス目線を重視していることは評価されるかもしれません。

別におしゃれじゃなくてもいい

今の会社での制作サイトは古いとかつまらないとか揶揄されるかもしれないような定番デザインが多いです。でも見方を変えれば、だれでも慣れ親しんでいて使いやすいページにはなっていると思います。

保守を大事にしているのでメンテナンス性とかをまず考える。だからプラグインでかっこいいものを作るより、それがアップデートで弊害をもたらさないかといったことをまず考慮する。アクセシビリティへの配慮をしていて、正しいマークアップは大切にしている。

腕を上げたい、新しいスキルをはやく身につけたい的な感じになっていた今日この頃だったので、クライアントに向き合うっていう仕事の本質をもっとしっかりしなくちゃなと改めて思いました。クライアントにとって納品はある意味スタートに過ぎない。

まとめ

簡単にこの記事のまとめ。

クライアントの課題解決の手助けをしたい、あるいはユーザーの視点で考えてます。→これを志望動機、ポートフォリオ、将来の目標などいろいろな点でアピールできると内定が近づくかもしれない。

と一個人の経験からですが思いました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です